1月のB'zの記事を振り返る
B'zと外国人さんの関係図解
「岡山県津山市名所」の画像掲載
BD&DVD「【早期購入特典】B’z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI-」

2007年:B'z 松本孝弘 売上 永遠の翼 SLS
SHOWCASE 稲葉浩志 ACTION 雑誌 ラジオ
2008年:B'z ライブ 08 BURN ウルプレ ウルトレ
2009年:B'z 稲葉浩志 松本孝弘 売り上げ Hidden
GLORYDAYS メンバー推薦 会報 ファンクラブ
doa 上木彩矢 宇浦冴香 人気記事 リンク集


2019年01月29日
[THE PAGE] 大物アーティストの「名古屋飛ばし」や市民の「名古屋離れ」が加速? ホール不足が問題に
今月に入って収容人数1万人の日本ガイシホール(名古屋市総合体育館)も改修のため休館しました。
 東京や大阪に公共交通機関で簡単にいくことができるという理由で、以前から大物アーティストが「名古屋飛ばし」をするケースがありましたが、ホール不足がこの傾向をさらに加速させるのではないかと危惧する声が出ています。

LIVE-GYM 2019の名古屋公演も、ライブハウスのZepp Nagoyaとなりました。倍率から考えて、愛知県の皆様の参加はほぼ絶望的な状況です。三重県営サンアリーナやサンドーム福井などへの遠征(ホテルの仮予約)も計画しておいた方がよいでしょう。



at 23:50|PermalinkComments(0)│ 


>> 続きを読む

at 23:30|PermalinkComments(0)││タワーレコードオンライン  


>> 続きを読む

at 22:50|PermalinkComments(0)││タワーレコードオンライン  
[リアルサウンド] サマソニのヘッドライナーに通底する独自のカラー 過去20年間のラインナップから考える
その年のヘッドライナーは誰が務めるのか? というのは、サマソニファンにとって重要なことであり、それはその年のサマソニのメッセージにもなり得るわけだ。...続けて発表されたのは、日本人初のヘッドライナーであり、こちらも30年以上にわたって日本のハードロックシーンの最前線に立ち続けるモンスターバンド、B’zであった。おそらくレッチリ、B’zというラインナップを見た人の多くは、ノスタルジーに近い感情を持ったのではないだろうか。


at 10:00|PermalinkComments(0)│ 




at 09:30|PermalinkComments(0)│ 
2019年01月28日
[山陽新聞] 「B’z聖地」で津山盛り上げ 商店街“稲葉通り”で巡礼者歓迎
店先に「ROUTE178(いなば)」の文字入りのポスターをつるして商店街を“稲葉通り”にし、稲葉さんが津山高時代に使ったテニスラケットや文房具などゆかりの品約30点の定期的な展示も特設会場で始めた。

 18年には、商店街に「歓迎」などとデザインした常夜灯12基を設置し、B’zの結成30周年(9月)を記念したカラオケ大会も開催。11月には、店のシャッターを「ROUTE178」のステッカーなどで彩った。
>> 続きを読む

at 22:07|PermalinkComments(0)││2019年B'z  
ホシノカケラ
稲葉 なおと
講談社
2019-01-28

岡山県津山市出身、日本一の動員を誇るバンドのカリスマミュージシャン・香田起伸が初めて挑んだソロツアー。その舞台裏には、ライブを成功に導くため、ミリ単位の舞台設営に命を懸ける男によって下された無理難題を次々とこなしていく脇役たちのドラマがあった――。香田が抱えるソロ活動への不安、緊張の連続を乗り越えながら香田を支えるために奮闘する男たちの葛藤を描いた物語。
稲葉なおとさんは、稲葉さんのいとこです。

at 11:00|PermalinkComments(0)│ 
2019年01月27日
1月28日(月) 12:00まで
B’z LIVE-GYM 2019 バーミリオンカード先行抽選販売 受付開始

B’z LIVE-GYM 2019 バーミリオンカード先行抽選販売の受付がまもなく終了します。地方が狙い目です。

at 20:04|PermalinkComments(0)│ 


アナハイム コンベンションセンターで開催されている楽器メーカーの展示会「The NAMM Show」にBeing FAT部門が展示しています。そこに、YT氏が来場されたようです。

at 12:00|PermalinkComments(0)│ 




at 10:30|PermalinkComments(0)│ 
2019年01月26日
[LiveFans調べ] 2018年 年間ライブ観客動員ランキング!
第2位:B'z
■ 推定動員数:1,083,638 人
■ 公演数:35
(上半期ランク:6位)(みなさまよくご覧ください、推定動員数のケタが一つ増えました)


at 21:30|PermalinkComments(0)││2018年ライブ情報  
村上隆「芸術起業論 (幻冬舎文庫) [ 村上隆 ]」 P.193
自分が作品表現をしている理由。
自分がビジネスをしている理由。
それを、もう一回見つめ直し、スタッフを含めて環境作りをやり直して、ものを作り続ける体制を組み替えてゆくことができるかどうか。そういうことのできる表現者は、ものを作る寿命が長くなるのです。
最近読んだ本からの一説。世界的現代アーティスト、村上隆著「芸術起業」より。B'zのことを指しているのかと思ってしまいました。>> 続きを読む

at 09:30|PermalinkComments(1)│ 
2019年01月25日


>> 続きを読む

at 23:59|PermalinkComments(0)││タワーレコードオンライン  
1月25日(金) 12:00 〜 1月28日(月) 12:00
B’z LIVE-GYM 2019 バーミリオンカード先行抽選販売 受付開始

B’z LIVE-GYM 2019 バーミリオンカード先行抽選販売の受付が開始されました。地方が狙い目です。

at 17:51|PermalinkComments(1)││2019年ライブ情報  
2019年01月24日
1/24 [B'z PARTY] Diary!更新「#Bz2019」ついにそのベールが…!!

ファンクラブ会員サイトで、スタッフの日記が更新されました。

at 21:30|PermalinkComments(0)│ 




at 19:32|PermalinkComments(0)││シェーン・ガラース  
キーボード Sam Pomanti:インスタ

B'z LIVE-GYM 2019のサポートメンバー、キーボード Sam Pomanti(サム・ポマンティ)さんのインスタです。昨年3月22日のインスタにて、日本語能力認定書 N3取得とありました。日本語もある程度わかるようです。すでに前アルバムにて、「SKYROCKET」「ルーフトップ」にも参加しています。>> 続きを読む

at 09:30|PermalinkComments(0)││2019年ライブ情報  
[リアルサウンド] 浜田麻里が最高記録を更新し続けてきた“軌跡” デビュー35周年ベスト盤から膨らむ武道館への期待
全オリジナルアルバム23枚中、一曲も選ばれていないアルバムも5枚ある。セールス的に苦戦していた時期のアルバムからも選ばれている代わり、後にB’zを結成した松本孝弘が初めて参加した『Rainbow Dream』(1985年)や、彼女にとって初の海外レコーディングとなった作品『In The Precious Age』(1987年)、中期の傑作『marigold』(2002年)といった重要作の楽曲が一切収められていない
>> 続きを読む

at 09:00|PermalinkComments(0)│ 
[B'z PARTY] be with! Vol.117更新

会報2018年3月号がウェブに一部公開となりました。

at 12:00|PermalinkComments(0)││B'z PARTY ファンクラブ  
B'z 最新ライブDVD
B'z LIVE-GYM 2015 -EPIC NIGHT-【LIVE Blu-ray】
デジタル版
B'z関連ブログ最新記事
コンテンツ
最新アルバム/シングル
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
B'z ブログリスト