ブログトップページ>カテゴリ:NEW LOVE

NEW LOVE関連の情報

2019年12月05日
bztak1783 at 22:52|PermalinkComments(0)clip!
2019年12月03日
[タワーレコード] 令和元年の年間チャート「2019 ベストセラーズ」発表
5 Hey! Say! JUMP 「PARADE」
6 B'z 「NEW LOVE」
7 ONE OK ROCK 「Eye Of The Storm」
2018年にデビュー30周年を迎え、31年目も止まる来なく走り続けることを証明するかのようなアルバム。タイアップ曲を多数収録した、新時代の幕開けを象徴する全13曲。
続きを読む

bztak1783 at 10:00|PermalinkComments(0)clip!
2019年11月19日
[ミュージックエイト] 《吹奏楽ヒット》兵、走る(M8ウィンドオーケストラ)

続きを読む

bztak1783 at 10:00|PermalinkComments(0)clip!
2019年10月30日
10/30 B'zオフィシャルサイト更新

B’z「NEW LOVE」購入応募特典 “ B’z × PockyⓇ グリコワゴンBOX(ポッキー詰合せ)” の当選された5,000名様への発送が完了となりました。5,000名ということで、Twitter上でもかなりの数の当選者を確認できました。



続きを読む

bztak1783 at 22:33|PermalinkComments(0)clip!
2019年10月26日
[朝日新聞デジタル] 死ぬまで忘れないタイトルとは? いしわたり淳治がしびれたB’zの曲名
それにしても、このタイトル。恥を忍んで言うと、「へい、はしる」だと思っていた。そう読んで何度か人と話した気がするし、それを誰も訂正してくれなかったことを考えると、相手も「へい、はしる」だと思っていたのではないかなと思う。

一般的にタイトルを考える時は、ヽ擽覆筌◆璽謄スト性に合っているか、▲ぅ鵐僖トがあるか、3个┐笋垢気呂匹Δ、っもが正しく読めるか、みたいなところを気にするものである。「兵、走る」に関しては、ぐ奮阿陵彖任禄淑という感じがする。でも、い陵彖任欠けているおかげで、ちゃんと読めたあとは逆に皆の脳裏に強烈にその言葉が焼きつくということもあるから、タイトルというのは奥が深い。少なくとも私はこのタイトルを死ぬまで忘れないような気がする。
続きを読む

bztak1783 at 12:30|PermalinkComments(0)clip!
[ビルボード] Download Albums(2019/10/21 付け)
25位 NEW LOVE (先週50位)
35位 B'z The Best "ULTRA Pleasure"(先週71位)
「兵、走る」の効果で、ベスト版も上昇しています。

bztak1783 at 11:00|PermalinkComments(0)clip!
2019年10月24日
2019年10月16日
[サイゾー] ラグビーBGMで嵐よりも米津玄師とB’zを優先
B’zが書き下ろしたラグビー日本代表応援ソング『兵(つわもの)、走る』は、主将のリーチ・マイケルや堀江翔太ら代表メンバーが出演。日本テレビが放送する日本代表戦の中継では必ずCMで放映されており、日本代表の快進撃とともにダウンロード数を急上昇させています。世間的には、ラグビーW杯といえばこの曲をイメージする人が多いのではないでしょうか」(芸能記者)
続きを読む

bztak1783 at 19:30|PermalinkComments(0)clip!
2019年10月14日
[TechInsight] ラグビーW杯“日本‐スコットランド”戦でテレビCMが再注目 「何故か胸が熱くなる」の声
B’zによる日本代表応援ソング『兵、走る』をBGMに選手たちの姿を映すリポビタンDのCMや、選手の活躍を逃すまいと集中するフォトグラファーを題材にしたキヤノンのCMからはワールド杯の熱さが伝わってくる。
続きを読む

bztak1783 at 23:00|PermalinkComments(0)clip!
2019年10月13日


[utaten] 【歌詞コラム】B'z「兵、走る」ラグビーW杯に映る戦う人々の姿
「限界まで挑む権利」を持つ者は、コートに立ち続けるのだ。

憧れる誰かに追いつくために、皆で夢見た勝利を掴むために、彼らは走り続ける。

必ずその手に掴めると確信させてくれるような、稲葉浩志の「TRY」のシャウトが非常に心地よい。


bztak1783 at 21:30|PermalinkComments(0)clip!
2019年10月10日
[モデルプレス] B’z、ラグビーワールドカップ公式ソング「兵、走る」が話題 国民に刺さる新たなスポーツ応援曲に
6月に配信がスタートして以降、9月21日のロシア戦、10月5日のサモア戦と日本代表の躍進とともに注目度を上げ、ダウンロード数も急増。

B’zらしいエネルギッシュで疾走感のあるメロディーと、「ゴールはここじゃない まだ終わりじゃない」という歌詞に象徴される熱量の高さが手に汗握る試合展開と抜群にマッチ。視聴者の胸を打つ応援歌となっている。
続きを読む

bztak1783 at 11:30|PermalinkComments(0)clip!
2019年10月09日

[スポニチ] B’zラグビー日本代表応援ソング“急上昇”スポーツの新たな定番曲に
B’zのラグビー日本代表応援ソング「兵(つわもの)、走る」が、ラグビーW杯での日本代表の快進撃とともにダウンロード数を急上昇させている。

 5月29日発売の新作アルバム「NEW LOVE」の収録曲として6月に配信を開始。「iTunes」では主に50〜100位台を推移していたが、W杯の盛り上がりとともに同曲だけをダウンロードする人が急増し、開幕のロシア戦翌日の9月21日には46位から10位にジャンプアップ。サモア戦快勝の余韻が残る今月7日には初の1桁3位となった。「レコチョク」ではサモア戦当日の今月5日から7日までの3日間で、2→2→3位と上空飛行している。


続きを読む

bztak1783 at 11:30|PermalinkComments(0)clip!
2019年09月03日
[ジェイタメ] ポッキーCMに夢中?宮沢りえのお母さんぶりがひたすら可愛い!
テレビCMと連動したWEB動画「母の誕生日」篇もYouTubeの「グリコ公式チャン ネル」(https://www.youtube.com/user/glicowebnet)で公開されている。こちらは30秒の「お泊まり会」篇に対して、約6分間の長尺のドラマ仕立てになっている。B’zがCM用に書き下ろした主題歌「マジェスティック」も印象的だ。宮沢はここでも美しくも愛らしいお母さんぶりを発揮して見るものを惹き付けるが、おおらかで優しい父を演じる大倉の魅力や、娘役の南沙良の聡明だが大人っぽい女子高生ぶりにもドキドキさせられる。
続きを読む

bztak1783 at 10:30|PermalinkComments(0)clip!
楽天上半期ランキング2019 : CD・DVDランキング

楽天上半期ランキング2019(楽天市場全体での売上高、売上個数を元にランキングが決定)にて、CD・DVD部門で「NEW LOVE」が8位となりました。

bztak1783 at 10:00|PermalinkComments(0)clip!
2019年07月02日
[タワーレコード] タワレコ上半期チャート
【5位】B'z『NEW LOVE』

2018年にデビュー30周年を迎え、31年目も止まることなく走り続けることを証明するかのようなアルバム。タイアップ曲を多数収録した、新時代の幕開けを飾る全13曲
続きを読む

bztak1783 at 11:00|PermalinkComments(0)clip!
2019年06月27日
[ビルボード] Billboard JAPANダウンロード・アルバム・チャート
3位はB’zの『NEW LOVE』。CDは5月29日に発売されていたが、6月19日よりダウンロードが解禁に。初週は3,841DLで3位デビューとなった。
続きを読む

bztak1783 at 12:00|PermalinkComments(0)clip!
2019年06月25日
[m plus] B'z 『兵、走る』
もちろんラグビー選手にもピンキリあって、日本代表に選ばれるような選手はほとんど例外なくストイックに肉体と向き合っているはずで、だからある意味アスリートの頂点にいる人たちなんだけれど、それでもB'zと交互に映像を見せられると、B'zの方がアスリートに見えるのだから、本当に不思議としか言いようが無い。


bztak1783 at 10:30|PermalinkComments(1)clip!



かっこよいです。


bztak1783 at 10:15|PermalinkComments(0)clip!
2019年06月19日
6/19 iTunesなど

アルバム「NEW LOVE」のデジタル配信が販売開始となりました。続きを読む

bztak1783 at 19:10|PermalinkComments(0)clip!
オリコン アルバムデイリーラインキング 2019年6月15日付
2位『NEW LOVE』1,543枚
2位に浮上。ライブ会場三重公演での売り上げが数百枚単位であったようです。

bztak1783 at 22:17|PermalinkComments(1)clip!
[ビルボード] 【深ヨミ】aiko/B'z/椎名林檎ら平成に活躍したアーティストの令和初アルバムの販売動向を探る
アーティスト別にみていくと、aikoは関東で若干低く、地元である近畿と、九州で若干高いがほぼ全アルバムと同様の比率となっている。B'zは関東が低く中部・九州と、稲葉浩志の出身地である中国が高い。椎名林檎は近畿が若干低いが、ほぼ全アルバム平均と同様の比率となっており、理想的な人気の分布となっている
関東重視のプロモーションが続いているだけに意外でした。今後、関東では、幕張公演、さいたま公演、横浜公演での購入が見込まれます。

bztak1783 at 10:30|PermalinkComments(0)clip!
2019年06月14日
[AERA] B’z、21作目オリジナル・アルバム! 豪快、痛快、爽快 
幕開けを飾る「マイニューラブ」。愛しすぎた人との別れから新しい恋を見つけようと歌う稲葉のシャウト、音色を違えたユニゾンによる松本のギター・リフはB’zならでは。このほど一新されたツアーでのサポート・メンバーのブライアン・ティッシー(ドラムス)とミヒニ・デイ(ベース)の起用がこれまでにない新味をもたらしている。
続きを読む

bztak1783 at 20:25|PermalinkComments(0)clip!
B'z 最新ライブDVD
B'z LIVE-GYM 2015 -EPIC NIGHT-【LIVE Blu-ray】
デジタル版
B'z関連ブログ最新記事
コンテンツ
最新アルバム/シングル
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
B'z ブログリスト